トリビウムの修辞学の実践

トリビウムの修辞学の実践

トリビウムの修辞学を実践すれば、
自分でも気づかないうちに次の4つの能力が育つのだ。

———-

  • 1.深く考える能力。
  • 2.思考の論理を緻密に整える能力。
  • 3.思考の論理をわかりやすく表現する能力。
  • 4.他者に共感する能力。

  • ———-

    勘のよい人ならもう気づいただろう。

    1番目と2番目は創造的発想力を育て、

    3番目と4番目は共感能力を育ててくれる。

    すなわち、トリビウムの修辞学を実践するだけでも、

    AIには絶対に持つことができない人間固有の能力を育てられるのだ。

    だからこそ、人工知能時代のリーダーを育てようとする学校は、

    修辞学を教育課程の中心に据えている。

    トリビウムとは、中世ヨーロッパの大学で教授された7つの自由七学のうち、

    文法、論理学、修辞学の3つの学問を指します。

    修辞学とは、言葉を効果的に用いる方法を研究する学問です。

    説得力のあるスピーチや文章を書くための技法や、

    言葉の意味や効果を分析する方法などを学びます。

    修辞学は、古代ギリシャ・ローマ時代に発達し、

    中世ヨーロッパにおいても重要な学問として位置づけられていました。

    修辞学は、法律や政治、宗教など、さまざまな分野で活躍する人々にとって

    必要不可欠な学問であると考えられていました。

    トリビウムの修辞学では、以下の3つの分野を学びます。

  • 発明:説得力のあるスピーチや文章を作るための素材やアイデアを探す方法を学びます。

  • 配置:素材やアイデアを効果的に配置する方法を学びます。

  • 様式:言葉や文法の使い方、文章の構成などを工夫して、説得力のある文章を書く方法を学びます。

    トリビウムの修辞学は、現代においても、スピーチやプレゼンテーション、文章を書く際に役立つ学問です。

    修辞学の基本的な考え方や技法を学ぶことで、より効果的にコミュニケーションをとることができるでしょう。

    ご自由にご使用下さい

    \最速サーバーです/
  • こちらもご覧下さい!
    筆文字
    書道家『きりもじや』|shodo/筆文字素材製作日記

    コメント

    1. Atreus Huff より:

      Atreus Huff

    2. Makenzie George より:

      Makenzie George

    PAGE TOP