「サボる大切さ」で仕事も人生もうまくいく/”The Importance of Skipping Work” will help you get better at work and in life.

The Importance of Skipping Work" will help you get better at work and in life ブログ blog
さぼっても良い

目次

サボる大切さ

サボるとは、日本語の俗語で、
仕事・授業などを怠けることをさします。

同義語は「怠惰」です。

日本では「労働争議の戦術としての怠業」「怠けること」という意味で
「サボタージュ」という語が使われており、
これを短縮し「サボ」とし、さらに動詞とした造語です。

サボることは、必ずしも悪いことではありません。
むしろ、適度にサボることは、
心身の健康や仕事の効率化につながります。

なぜ、サボる人ほど成果があがるのか?



サボることによって得られるメリットは、以下のとおりです。

サボることによって得られるメリット

  • 心身の疲労を回復できる

サボることで、仕事や勉強などのストレスから解放され、心身を休めることができます。十分に休息することで、疲労が回復し、また元気に活動できるようになります。

  • やる気が回復する

サボることで、仕事や勉強に対する
モチベーションを高めることができます。

無理に頑張りすぎると、
かえってやる気が失せてしまいます。

適度に休息することで、気分転換をして、
また頑張ろうという気持ちになれます。

  • 創造性を高める

サボることで、新しいアイデアや発想を得やすくなります。

仕事や勉強に集中していると、
どうしても固定観念にとらわれてしまいがちです。

サボることで、普段とは違う視点で物事を考えることができ、
新たな発見やひらめきにつながる可能性があります。

  • ストレスを解消できる

 

サボることで、ストレスを解消することができます。

仕事や勉強のプレッシャーから解放されて、
リラックスすることができます。

 

ストレスが溜まると、体調不良や精神的な不調につながる可能性があります。

もちろん、サボりすぎると、
仕事や勉強の遅れやミスにつながる可能性があります。

また、周囲からの信頼を失う可能性もあります。

サボるときは、適度に休息する程度にとどめましょう。

「サボると」「自分を甘やかす」とは一緒ですか?

いいえ、必ずしも一緒ではありません。

「サボる」とは、本来すべきことをせず、
怠けるという意味です。

一方、「自分を甘やかす」とは、
自分の欲求を優先して、自制心を失うことです。

サボることも、自分を甘やかすことも、
どちらも自分の責任を放棄する行為であるという点で共通しています。

しかし、サボりは必ずしも自分を甘やかす行為とは限りません。

例えば、仕事や勉強で疲労が蓄積しているときに、
適度に休息を取ることは、
サボりであると同時に、自分を甘やかすことであると言えます。

しかし、休息を取る時間を長くしすぎて、
仕事や勉強に支障をきたすような場合は、
サボりではなく、自分を甘やかす行為であると言えます。

このように、サボりと自分を甘やかす行為は、
その程度や状況によって区別することができます。

一般的に、サボりは、自分を甘やかす行為の一種であると言えます。

しかし、サボりには、自分を甘やかす行為とは異なる、ポジティブな側面もあります。

サボる技術―10分の1の努力で成果が出せちゃう仕事術



以下に、サボる際の注意点をまとめます。

サボる注意点

    • 仕事や勉強に支障をきたさない程度に行う
    • 周囲に迷惑をかけないようにする
    • 適度に休息する

    サボりを上手に活用して、心身ともに健康で、
    仕事や勉強も効率的にこなしましょう。


    最後まで読んで頂きありがとうございます。

    \レンタルサーバー移転しました/
    エックスサーバーかなり快適です ^^

The Importance of Slacking Off

Saboru is a Japanese slang term for neglecting one’s work, classes, etc.

A synonym is “laziness.

In Japan, the word “sabotage” is used to mean “laziness as a labor dispute tactic” or “slacking off.
The word “sabotage” is used in Japan to mean “slacking off as a tactic in labor disputes” or “being lazy,
This word was shortened to “sabo” and then coined as a verb.
To slack off is not necessarily a bad thing. In fact, skipping work in moderation can lead to better mental and physical health and work efficiency.

The benefits of skipping work are as follows.

Advantages of skipping work
Recover from mental and physical fatigue

By skipping work, you can free yourself from the stress of work and study and rest your body and mind. By getting enough rest, you will recover from fatigue and be able to work vigorously again.

Motivation is restored.

By slacking off, you can increase your motivation for work and study.

If you force yourself to work too hard, you will lose motivation.

By taking a moderate rest, you will feel refreshed and ready to work hard again.

Boost creativity

Slacking off makes it easier to get new ideas and inspiration.

When you are concentrating on work or study,

It is easy to get caught up in stereotypes.

By skipping work, you can think about things from a different point of view than usual,

and may lead to new discoveries and inspirations.

Relieve stress

 

Skipping work can relieve stress.

You can relax and free yourself from the pressure of work and study.

 

Stress can lead to physical and mental health problems.

Of course, slacking off too much can lead to delays and mistakes in work and study.

It can also lead to a loss of trust from those around you.

When skipping work, keep it to a moderate level of rest.

Is “slacking off” the same as “indulging yourself?”

No, they are not necessarily the same.

To “slack off” means to not do what you should be doing,
On the other hand, “to spoil yourself” means to neglect what you are supposed to do.

On the other hand, “indulging oneself” means putting one’s own needs first and losing self-control,
On the other hand, “indulging oneself” means putting one’s own needs first and losing one’s self-control.

Both slacking off and indulging oneself are acts of abdicating one’s own responsibility,
Both are acts of abdicating one’s own responsibility.

However, slacking off is not necessarily an act of self indulgence.

For example, when fatigue is accumulating from work or study,
Taking a moderate rest is,
It can be said that taking a moderate amount of rest when you are fatigued from work or study is both slacking off and pampering yourself at the same time.

However, taking too much time for rest can hinder your work or study,
If you take too much time off and it interferes with your work or study, it is not slacking off, but pampering or spoiling yourself,
It is not skipping work, but rather pampering yourself.

In this way, we can distinguish between slacking off and pampering oneself depending on the degree of slacking off and the situation,
In this way, we can distinguish between slacking off and indulging oneself, depending on the degree and the situation.

Generally speaking, skipping work is a kind of self-pampering.

However, there is a positive aspect to skipping work that is different from the act of indulging oneself.

Below is a summary of points to keep in mind when skipping work.

Points to keep in mind when skipping work
Do it to the extent that it does not interfere with your work or studies.
Do not cause trouble to those around you.
Take a moderate amount of rest

Make good use of skipping work, and be healthy both mentally and physically,
and study efficiently.

ご自由にご使用下さい

コメント

PAGE TOP